ブログタイトルそのままの、ヤクザスキーによるヤクザ物BL小説のリストです。
内容に関係のないTBは問答無用で削除します。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.09.26 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
ひそやかに愛を暴け
 ◆あらすじ◆
贈収賄容疑で東坂組の東坂を調査する美貌の検事・和彦は、焦って密売会場に潜入し、捕まってしまう。裸に剥かれ舞台に上げられた時、嬲り役に立ったのは、 東坂だった。衆人環視の中で、彼の剛直に貫かれた秘部を露わにされ、喘ぎ啼かされる屈辱。だが嘲笑に羞恥しつつ、快感も感じていた。その為日常に戻って も、東坂の誘いには抗えない。欲望と倫理観との板挟みで和彦は、実は東坂が自分を庇っていたことにも気づけなかった。食事の誘いすら受けず、ついに彼を怒 らせてしまい…。
【2010.01.24 Sunday 17:33】 author : 光世
| 藤森ちひろ | - | trackbacks(0) |
跪いて愛を誓え
探偵の広伸はかつての同級生・玲一に再会し、変わらない美貌に魅せられる。だが、玲一は冷酷なヤクザとなっていた。衝撃を受けなぜと問うが「俺と寝たら、教えてやってもいい」と、挑発的な笑みと共にくちづけられ、拒絶される。恋情を自覚した広伸は諦めきれず...。「おまえを守りたい」真っ直ぐに想いをぶつけてくる広伸。けれども玲一は、愛というものを信じられない。彼を愛おしいと思う己の想いさえも。だからこそ広伸を遠ざけようと...。愚直なまでに真摯な心を捧げ、跪いて誓う愛。
【2007.06.17 Sunday 00:20】 author : 光世
| 藤森ちひろ | comments(0) | trackbacks(0) |
したたかに愛を奪え
したたかに愛を奪え
したたかに愛を奪え

藤森ちひろ / 稲荷家房之介

◇あらすじ◇
十億の借金のカタに九曜会の若頭・多岐川に買われた凛。彼からの借金を苦に亡くなった両親の復讐を誓うが──「摘んで、擦ってみろ。そうだ、感じるんだろう?」支配者の傲慢さで命じる多岐川に、淫薬に侵された粘膜を玩具で嬲られ、淫らな体に躾られた。恥ずかしくて、怖くて、屈辱だった。けれど無慈悲に苛まれた夜、抱きしめられて慰撫するように撫でられると心地いい。酷い男のはずなのに、眩しいものを見るかのようなまなざしが、くちづけが、甘く優しく思えて…。愛を奪う、征服欲。

【2006.09.17 Sunday 14:26】 author : あけみ
| 藤森ちひろ | comments(0) | trackbacks(2) |