ブログタイトルそのままの、ヤクザスキーによるヤクザ物BL小説のリストです。
内容に関係のないTBは問答無用で削除します。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.09.26 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
紅蓮の華
紅蓮の華
紅蓮の華

あすま理彩 / 一馬友巳

◇あらすじ◇
『裏切り者としての制裁』それが、恥辱に貶められる始まりだった。友禅工房の絵師・重は父を殺された過去を持つ。父の仇を探るため極道の組長・不動の元にいるが、いつしかそれは淡い恋へと変わり、忠誠を誓っていた。だが、不動が狙撃され、重が犯人と疑われたことから、重の立場は変わった。「てめえが誰のもんか、じっくりと分からせてやる」麻紐で縛り付けられた滑らかな白い肌に友禅をまとわされ、その日本人形のような姿を視姦される。蜜口を練り香で塞がれ、絵筆で嬲られる。紅蓮の炎に身を焦がし、心は痛みにむせび泣く…。

【2006.11.13 Monday 21:10】 author : あけみ
| あすま理彩 | comments(0) | trackbacks(2) |
檻の中で愛が降る―命がけの恋
檻の中で愛が降る―命がけの恋
檻の中で愛が降る―命がけの恋

あすま理彩 / 小山田あみ

◇あらすじ◇
「今度は…一夜では済ましませんよ」元下男の中原の言葉に、雪下侯爵家の嫡男・梓は震えた。3年前従順なはずの彼に、一度だけ凌辱を許したが、彼はその後組の若頭に出世し、今度は梓ごと家を買ったのだ。--貴族が金の為に弄ばれる。座敷牢に繋がれ、夜ごと秘処を暴かれ雄芯を穿たれ、貶められた。だが囲い者にされ、踏みにじられた自尊心とは裏腹に、貫かれると覚えさせられた甘い疼きが蘇って、梓は戸惑う。淫欲を無惨に刻み込まれているのに、何故…? 命がけの至上の純愛!!

【2006.09.17 Sunday 14:29】 author : あけみ
| あすま理彩 | comments(0) | trackbacks(2) |